魅力を知ろう

分譲住宅と注文住宅の特徴

注文住宅と分譲住宅はどちらも一戸建て住宅ですが、それぞれ特徴があります。その違いはなんでしょうか。 分譲住宅は広い土地を不動産会社が買い取って、そこに複数の類似の住宅を建てることを指します。 これに対して、注文住宅は専門的に設計したした住宅を特定の土地に建てることです。 これにより、分譲住宅と注文住宅には大きな違いが生まれます。 分譲住宅は、複数の住宅を同時に建てるため、資材の調達も同時に行います。これにより、安く住宅を購入することができるのです。ただ、すでに決まっている設計図に基づいて住宅を建築するため自由に設計はできません。 これに対して、 注文住宅は通常一棟しか建てないためお金はかかりますが、自由設計がその魅力となっています。

価格の違いとその動向

分譲住宅と注文住宅は、それぞれ価格面でも違いがあります。 この二つの住宅を比べると、価格が高いのが注文住宅のほうです。 注文住宅は、土地と建物を別々に購入しますが、建物の価格だけでみると、全国平均が2000万円ぐらいです。土地による違いがないため、地方でも東京でもそれほど大きな違いはありません。ただ、土地を購入するとなると、東京と地方では大きな差が出てきます。 これに対して分譲住宅は、全国平均は3100万円になります。注文住宅が土地と建物の合計で3500万円ぐらいが相場だとすると、分譲住宅の方が400万円ほど安く購入することが可能になります。 分譲住宅の価格は全国的に下がってきていますが、注文住宅もシンプルをコンセプトにした住宅があり、低価格で建築することが可能になります。