価格が上がる

地価は回復傾向にある

土地の値段はリーマンショックの影響で一時は下落し、その後もしばらく低迷している状況です。起こる前の2006年頃では、首都圏の地価は上昇を続けていました。 地下が上昇していたのは、この頃投資が流行していたことにあります。ミニバブル期とも呼ばれていました。しかしリーマンショックが起こってしまったことで急速な下落をしてしまいました。しかし、その下落もまだ続いているものの最近は少し回復したといわれています。今後も少しずつ回復すると予測されます。 2020年には東京オリンピックが開催される予定です。増税も影響される要因のひとつです。様々な影響が重なることで、更なる回復の見込みはあるといわれています。国も回復への様々な取組みを行っています。

土地に関する調査の歴史

土地を建てるには、あらゆる調査が必要です。地籍調査や国土調査などがあり、インターネットでもどこの土地がどのような価値があるのかを調べることができます。建てる際にそういった情報を有効活用することも大事です。価値については知っておくと良いです。 地籍調査の原型は、班田収授法であるといわれています。小中学校でも習う機会がある有名な法律です。その後太閤検地によって土地の調査は全国的なものとなりました。次に行われたのが地租改正です。私的な所有が認められるようになったのはこの時です。税収の収集も安定したものとなってきました。その次に登場したのが現在でも一般的な地籍調査です。土地の調査は長い歴史をたどりながら確立されていきました。